【大阪府、豊中市、関西のウッドデッキ専門店、ホーム建材デポ】

関西を中心にウッドデッキ、ガレージデッキ、ベランダデッキ等の施工!お得情報満載のホーム建材デポブログ♪

デッキ施工、プランター販売店、デポ太の日記ブログ

カテゴリー "マンションデッキ" の記事

2016年初施工完了♪(ベランダデッキ)


寒い日が続きますが体調はいかがでしょうか。
関西・大阪・豊中にあるウッドデッキ専門店ホーム建材デポです

早速ではございますが、先日施工を終えたばかりの現場のレポートやこだわった
部分、気を付けた部分等を書かせて頂きたいと思います☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


今回施工を実施致しました現場は福島県にある建てたばかりのお宅のベランダ部分にデッキを引きました
今年の最初の施工が福島県ということで、職人の気合いの入り方も
人一倍すごかったです( *´艸`)

それと同時に、大阪を初めとして関西一円を中心に施工を致しております
私共にとって冬の東北は未知の世界!
降雪や渋滞にどう対処しようと悩んで対応策を練っていたのですが・・・

結論から言えばそんな心配は全く無用でした
いわき市は別名東北のハワイと呼ばれているそうですが、
その名に恥じない心地よさで、大阪より暖かい程の日差しで作業をとてもスムーズに
行うことが出来ました\(^o^)/



それでは早速完成後の写真をご覧下さい
DSC_0242.jpg

心地よい風による木々の音色を堪能しながらリラックスして頂くことが出来ます

ご主人がデザインを手がけ、家の所々で木材を用い、
和の雰囲気を最大限感じつつもお洒落さや遊び心を忘れない設計で
ご主人のこだわりがビシビシ伝わってくるすごく素晴らしいお宅でした(* ´ ▽ ` *)
なによりも一番驚いたのが玄関を入るとすぐに大きな暖炉と大きなテレビ

私を含め職人一同皆感動と共に、私共のデッキがこのお洒落なお宅の空間の一部
として役立てる事を光栄に感じました(* ´ ▽ ` *)


それだけに、材料搬入にはより一層気を付けました
施工場所が2階のベランダなので、家の中を通り材料を運ぶ方法もございました

・・・・が!

これほど美しいお宅に万が一にでも木をこすって傷をつけてしまうことだけは
避けねばいけません

その為、一番安全で、かつスピーディに作業が行えるように1階玄関前より
ベランダ部に梯子を掛けて家の中を通らず搬入する方法を選択致しました。
勿論、梯子がひっかかる手すりには段ボールや毛布等で傷がつかないように
心がけました♪


また、今回施工を致しましたベランダ部の床ですが、
FRP防水塗装を施しておりました。
近年このFRP塗装をすることで雨漏りの心配を防ぐご家庭も多いですが、
経年により割れが生じるため、補修が必要な防水塗装でもあります。

その為、補修時には一度デッキを仮移動しなければならなく、

   ・ 一枚の長物の木を移動するには重さがあり持ち運びが大変
   ・ 振り回すためのスペースがとれない

といったケースがあることから、1枚ものの材木を並びで置いていくと
メンテナンスが容易に行えない場合もございます。
(実際にここのベランダ部は奥行3メートル以上ございました)

pic_md-souji.jpg

そこで、当店独自の手法パネルデッキを採用することで、
メンテナンス時に仮移動をする際にも持ち運びを容易に行うことが可能です。
補修が終わった際には番号順に重ねることによって元通り

更に!今回のお宅でこだわったのが排水溝部分です!

自然が豊かな環境で、ベランダのすぐ前に大きな木がそびえ立っているのが特徴的な
お宅で、木が風に揺られデッキで心地よく寛ぐことができる反面・・・

春や秋ごろは落ち葉がものすごく多い!

とご主人からお聞きしました。
普段ならば排水溝部分も蓋をして取り外してからメンテナンスを行う設計ですが、
あまりの落ち葉の多さに排水溝が詰まってしまう危険性があるため、
今回はあえて排水溝部分はカットをし、落ち葉がどれだけたまっているのかを
目視で確認できるように致しました。


この工夫により見栄えは少し落ちますが、知らない内に排水溝が詰まって大変!
という事態を避けることができますね♪
後は排水溝の蓋の部分に赤い紐等を括りわかりやすいようにすることで落下を防ぐと共に、赤い紐が隠れるぐらいまで落ち葉がたまれば掃除をするべき、
という合図にもなりますね(*^_^*)

無事デッキ施工を終え、その足で急いで片道10時間の道のりをトラックで移動し帰社致しました
職人は遠方は体力をものすごく使うと呟いておりました(笑)

現在は冬場ですが、春が過ぎ夏を迎えた時に風を感じながらボンボンベッドや
ハンモック等で読者やビール等、多くの遊び方を堪能していただけますね(^-^)/


まだまだ書き足りないことがたくさんありますが、今回はここまで!
またの機会にパネルデッキの苦労やこだわりを記述していきたいと思います


関西圏はもちろん、遠方のお客様も、
ウッドデッキのことならホーム建材デポにお任せ下さい♪♪


* ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ *

高品質、高耐久性を誇るエコアコールウッド♪
ウッドデッキをお考えの方、まずはお気軽にご相談ください♪♪

ホームページはこちら→ ウッドデッキ施工店ホーム建材デポ

電話でのお問合せはこちら06-6867-0110


* ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ *

新築マンションに☆マンションデッキ施工しました!

こんにちわ。
大阪、豊中市にあるウッドデッキ専門店 ホーム建材デポです。

暑いですね・・
現場の職人様、本当にお疲れ様です(´;ω;`)

熱中症にならない様に気をつけて下さい(´;ω;`)

あっつい中、職人さん達が施工してきた物をどんどんご紹介
していこうと思います。


~オーダー頂いたお客様のご紹介~


奈良県在住のお客様

お電話でお問合わせのあったお客様です。

(関係ないですが、この打ち合わせ日の朝、地震があったんです。
 朝、地震ありましたよね、なんてお客様と話をしていたのを
 覚えています)

お客様のご希望は

「ベランダにウッドデッキを敷く事により、リビングの床とベランダをフラットに」

でした。


施工前はこちら↓


見にくいですが、ベランダと、リビングの床、少しだけ段差になってるんです。

そして施工日です!
マンションですので、9時頃~お伺いして搬入、施工と
完了までにおよそ4時間程で完成!
内作でデッキパネルを作り、現場でパタパタとサイズにはめ込んでいく
ので、マンションデッキは完成するのが早いです(´∀`)



施工後がこちら↓



やはり、デッキを敷くとベランダのイメージがぐっとシマリますね
使用したのはウリン材です。


リビングから見たベランダデッキ写真↓


見にくいですが、お客様のご希望通りリビング~ベランダの床が
フラットになっています。

避難ハッチ部分。見た目としてはウッドデッキをここにも敷いて隠したいところ
ですが、避難ハッチは塞ぐ事ができない決まりとしてこちらの部分は
開けさせて頂きます。




お客様も、「床がフラットになって凄く楽になった♪」
と、とても喜んで下さりました(*゚∀゚*)


(*^^*) { 新築マンションのベランダに当社のマンションデッキ施工
      をオーダー頂き有難うございます。
      心配されていたポリフェノールはもう出きってしまいましたか? 
      デッキで晩食など、奥様と2人で楽しんで下さいね♪


~この度は、マンションデッキ施工のご注文ありがとうございました~
      
 
            

お部屋の雰囲気に合ったベランダウッドデッキ!(ウリン)

大阪府在住のお客様

こちらのお客様はマンションタイプのウッドデッキ施工をご依頼されました。
マンションデッキ久しぶりです。

こちらのお客様、以前に当店に見積依頼して頂いたお客様。
その際は、検討してみますとの事でしたが、
やっぱりベランダにデッキを~との事で、再度ご依頼頂きました。

何年か前のお話なので、現場調査にもう一度お伺いし、打ち合わせ。



施工前はこちら↓




階段が下の階までしかなく、一段登っての搬入になるため、
ウリン材のパネルを持って階段を上がるのは結構しんどい・・・

ですので、材料搬入費は少しかかりますとお客様にご説明。


そして、施工日です

マンションデッキですので、内作作業でデッキパネルを
作り、サイズに合わせてデッキを敷いていきます。
ですので、マンションデッキの場合は、半日もあれば完了
致します。


職人さんんいわく、合わない所を現場合わせとして施工
したらしく、少し時間がかかったそうです。

またもや、私は施工前にお伺いはしましたが、当日はお伺いして
いません(´;ω;`)

こちらのお客様のお部屋はとてもアジアンテイストで、ベランダを
ウッドデッキにしたら、お部屋にマッチして絶対合う~と思っていたので
施工後、見たかったのですが、残念ながら見てません(´;ω;`)

今度、機会がある時に施工後写真の撮影をお願いしたので、楽しみ
にしておきます♪


(*^^*) { アジアンテイストなお部屋にウッドデッキのベランダはバッチリ
      でしょうか。今回は、仕上がりが見れずに残念ですが、写真を撮影
      する機会があれが、その際は宜しくお願いします✩


~この度は、マンションデッキのご注文ありがとうございました~